David Bowie「ジギー・スターダスト」のジャケ撮影場所に行ってきた

ロンドンには多くの名所があります。とても数日では回りきれないほど楽しいわけですが、せっかくロンドンに行ったからには絶対やりたい!と思っていた「名盤ジャケ撮影場所めぐり」をついに敢行してきました。

まず最初に訪れたのは、David Bowie「ジギー・スターダスト(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)」の有名なジャケ写ポイントへ。場所はロンドンのHeddon Streetという場所にあります。

イギリスは基本すべての道に名前がついてるらしい。この看板がかっこいいんだよね。

もし行くとしたらPiccadillyという地下鉄に乗り、「Piccadilly Circus駅」で降りるのが良いです。地図にある「ZENSEND」というレストランに向かうと…

出ましたー!「ジギー・スターダスト」の裏ジャケにある電話ボックス。

この電話ボックスだそうです。本当かな(笑)ちなみにこの付近はレストランの従業員の喫煙所みたくなってて、「なんだこの東洋人は」みたいな目で見られます。

世界各地からボウイファンが訪れて、ここにいろんなこと書きなぐってます。

表通りに出ると、ZIGGY STARDUSTのエンブレムのようなものが飾ってあるのがわかります。ロンドンはいくつかこういった音楽にまつわる名所にこのようなエンブレムをつけてるそう。


表通りにもこのようにボウイファンが集まってる様子がわかる。店員さんは片付けずそのままにしてくれてるのも優しさを感じる。


ほとんど面影はなくなってるが、この付近で撮影されたらしい。パワースポット的なのを感じるかと思ったが、そんなことよりレストランから漂ってくる美味しそうな匂いにクラクラになっていた。

なおこの付近には…


リアムギャラガーさんの立ち上げたブランド「PRETTY GREEN」の本店が!お客さん入ってなくて心配になった。余計なお世話だけど。

ピカデリーサーカス付近はなかなか面白いお店も多いし、もしロンドンに行く機会があればぜひ足を運んでみてはどうだろうか。

<ロンドンの旅、続く>