FUJI ROCK FESTIVAL ’17 day3

昨日の記事もまったく書いてないのにday3だよ〜〜ってことでついに3日目迎えました。いろいろあって大忙しなんですがそこんとこたのんます!


day3でもっとも観たかったアクトの1つがロン・セクスミス。朝から「gold in them hills」を最高の音響で聴ける贅沢を味わってしまったらもう言うことないよね。大好きな映画「about time」の最高に切なくなるシーンに挿入されてる歌です。

よく考えたら「about time」の挿入歌は割と洋楽ファン必聴でして、The Cureやベン・フォールズ、エイミー・ワインハウスなど良きシーンで使われてるし、主題歌もof monsters and menだしもうサントラがフジロックだよねもはや。僕こういう洋物ラブコメ映画本当に好きでして、挿入歌良すぎて1番好きな映画かもしれない。

そしてついにおれ的フジロックメインアクト、SAKURAGUMIのマルゲリータの時間がやってきたー!一年ぶりにまた君に会いにきたよ。僕は毎日体力も衰え老いを隠せないけど、君はいつまでも変わらないでいてね…って思いながら食べてました。あーほんとにうま。


レキシ〜。

ホワイト入場規制になる大人気アクトでした。「5年前にフジロックに出ようとしたんですが『コミカルすぎる』と断られました」ww時代がようやくレキシに追いつきましたね。選曲も最高でした。ラストおなじみ「キラキラ武士」。池ちゃん「キラキラ…フジって歌っていいですかー!!」って煽りながら「濁点変わると歌いにくい」普通に武士に戻してましたww


控えめに言っても俺的歴代ホワイトステージ出演者ベスト3ランクイン!bonobo。最高傑作「Migration」と同じオープニングで始まったこのステージは、計算され尽くしたビジュアルエフェクトと音響が完璧にマッチしていてもう脳汁ドバドバ。くらくらになりながら聴いてました。

2017年2月に僕はロンドンに行って、その時ラフトレードに寄ったんだけど店内の装飾ほとんどbonoboの「Migration」だった。イギリスではもう相当人気らしく、あの広大なハコ、アレクサンドラアリーナで演奏してるそう。日本だと幕張メッセ大ホールくらい。そんなbonoboをフジで観られる日本人は幸せだね〜。

単独も行きます!

LORDEもすこしだけ観たけど素晴らしかったですね!数年前はレッドマーキーに出てたのに今やビョークの前に出る大物に。

というわけで今年も最高に楽しいフジロックが終わってしまった。今年、観たアクト数は少なかったけど個人的にはとても充実した4日間になって本当に楽しかった。

あと最近よく思うんだけどフジロックが同窓会みたいなことになってるのがだいぶ良き。僕学校関連の同窓会とか一切行かないのでわからないんですがたぶんこんな感じなんだろうね。会えた人一緒にはなしてくれてありがとうございました!

それから何かおひとり様切ない系ブログにしてますが今後はもうこのノリ止めますねwご愛読いつもありがとうございます!そんじゃまた来年苗場で〜。