ギターマガジン2017年8月号の特集「ニッポンの偉大なギタリスト100」企画が気合い入り過ぎてて最高

ここ最近スペシャルな企画を連発していて、良い意味でギター読み物として別次元に向かっている最高の雑誌「ギターマガジン」。最新号の企画「ニッポンの偉大なギタリスト100」特集がヤバすぎます。

内容は、500人のプロギタリストと音楽関係者に聞いたという「偉大なギタリストランキング」。どうしても海外のギタリストが入りがちですが、ニッポンというドメスティック指定したことでより独特なギタリストが登場していてファンは泣きますね。


個人的に泣きそうになったのがこのページ。僕がもっとも影響を受け、あまりにも愛したギタリスト吉村秀樹。人生でもっとも聴き込んだ名作「kocorono」を吉村秀樹とともに生み出した”国宝レベルのギタリスト”名越由貴夫。そして後期ブッチャーズの音楽性を極限まで高めた日本最高の女性ギタリスト田渕ひさ子。こんなにも335が似合う日本人は彼以外居ないだろうというエルレ/Nothing’s Carved in Stoneの生形真一。

偶然とはいえ同じページにこの4人が集まっていて、これ編集担当した人絶対狙ってるでしょ。最高だよほんとに。


他にも五味拓人さんが66位にいたりenvy河合さんが93位に入るなど、普通のランキングではなかなか出てこないギタリストがたくさんいて、ギターが好きでよかった、と思わせる構成になってます。これ絶対買ったほうがいいです。売り切れる前にほんと手元に置いておきたくなるはずです。

あとなぜかこの号からまさかの価格据え置きフルカラー印刷になってます。大丈夫なんでしょうか(笑)。たくさん売れるから大丈夫ですね!素敵な企画をありがとうございます!